金沢市

金沢を楽しむ!目的別のモデルコースをご紹介

兼六園

兼六園

ただ観光として回るよりも、目的を決めて場所を決めて回れば効率良く、そして色々な事が体験出来ます。今回は金沢を楽しむモデルコースを3つご紹介します。1日で回るコースにしていますが、1泊2日にすればもっと一つ一つの場所をゆっくり見て回れますよ。

1.「金沢」を楽しむ1日周遊コース

初めての金沢なら、兼六園やひがし茶屋街など「よく知られている」金沢を巡るコースはいかがでしょうか。

金沢駅東口に路線バスのロータリーがあるので、バスまたは徒歩で近江町市場へ。

① 近江町市場
https://ohmicho-ichiba.com
ここで昼食を頂くなら11時頃が比較的空いていてオススメです。
新鮮な海産物を買ったら、宅配便の手続きを!そして旬の海鮮丼は外せません。

② 尾山神社
http://www.oyama-jinja.or.jp
近江町市場から尾山神社までは10分ちょっと。前田利家とお松の方を祀る神社です。
和漢洋の三洋式を混用した「神門」は、国の指定重要文化財になっています。

③ 金沢城公園と兼六園
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html
前田家の居住跡に作られた広大な公園と、日本三大名園のひとつは隣り合わせています。到着が朝早いなら、7時(10月16日~2月末までは8時)から開園しているので、清々しい空気の中で散策してから、次の目的地に移動してもいいですね。朝早すぎてお店が空いていないなら、近江町市場(おうみちょういちば)へ行ってまずはご飯タイム!

④ 金沢21世紀美術館
https://www.kanazawa21.jp
アートを楽しむ美術館として人気の高い場所です。展示の「スイミング・プール」が人気!
おしゃれなカフェで一息ついてもいいですね。

⑤ 石浦神社
https://www.ishiura.jp
金沢最古の神社である石浦神社。”きまちゃん”というキャラクターや、カワイイ御朱印帳(ごしゅいんちょう)やお守りと、石浦に行けば「きまる」と言われるほど、そうそうたる神様が祀られているパワースポット。

⑥ ひがし茶屋街
https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot/detail_10212.html
石浦神社近くのバス停からひがし茶屋街までバスで移動します。和の趣(おもむき)と洗練された文化が残る”ひがし茶屋街”は、歩いているだけでもフォトジェニックな場所がいっぱい!

⑦ 金沢駅へ
バスで金沢駅へ。駅にもお土産を買ったり食事をするお店が多いので、あとは移動するだけなら駅へ向かう方がラクです。

2. 思い出もぎっしり!加賀の伝統文化体験を盛り込んだコース

① 兼六園を散策
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

② 石川観光物産館
https://kanazawa-kankou.jp
兼六園のそばにあります。和菓子の手作り体験とお抹茶の自服体験は要事前予約で、金箔貼り体験などは受付順です。受付順の体験はおよそ60分ほど、混雑時は120分を見込んで予定を立てましょう。

③ 加賀友禅会館
http://www.kagayuzen.or.jp
石川観光物産館から徒歩3分ほどで到着します。加賀友禅の着用体験で近くを散策する事も可能です。また加賀友禅の染め体験もあります(所要時間60分ほど)。

④ 金沢蓄音器館
https://www.kanazawa-museum.jp/chikuonki/index.html
昔懐かしい蓄音器がずらりと勢揃い。蓄音器自体を知らない世代の方も、デジタルでは味わえない音色が斬新に聞こえるかも。蓄音器聴き比べは、毎日3回開催されています。

⑤ 近江町市場近くで舌鼓
百万石通りを通りながら近江町市場方面へ。市場は17時で閉まっているお店が多いですが、市場の2階や市場の中でも居酒屋やバルがいくつかありますし、近江町市場付近にも飲食店がたくさんあります。近江町市場へ戻ってきたら、北國銀行武蔵が辻店の店舗のライトアップも見ていきましょう。

⑥ 徒歩またはバスで金沢駅へ

3. 金沢の港と醤油の街 大野・金石コース

金沢の大野は日本の五大醤油産地のひとつにあげられています。金沢港方面なので、金沢駅の西口から移動します。バスの本数が東口に比べて少ないため、車の運転が出来るならレンタカーを借りた方が時間を有意義に過ごせます。

① 金沢駅から大野港へ
駅西口から徒歩3分ほどにある「中橋」バス停へ。そこから大野港行きのバスで28分かかります。

② ヤマト糀パークで糀の事を知ろう
https://www.yamato-soysauce-miso.co.jp/koujipark.html
糀パークのガイドツアーや糀ハンドバス、料理教室や塩糀または醤油糀づくりの体験などがあります。大野の醤油や糀の販売もありますので、気に入った味があったらお土産にどうぞ。ガイドツアーなどの体験プログラムの一部は、時間や日付が決まっているものがあります。
ホームページでご確認ください。

③ 大野からくり記念館
http://ohno-karakuri.jp
ヤマト糀パークから徒歩10分ちょっと海の方に向かうと、からくり記念館があります。江戸時代の発明家、大野弁吉の業績を記念して建てられた館で、「のぞきからくり」や「ぜんまい仕掛け」など、現代ではなかなかお目にかかれない、「からくり」を見る事が出来ます。

④ 大野お台場公園
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kanazawakouwan/p01e.html
海風を感じながらのんびり散策してみてはいかがでしょうか。
北前船をイメージした船のテラスがありますよ。

⑤ 大野でランチタイム
大野お台場公園近くには、洋食の「メゾンドミュゲ」、橋を渡ってすぐに「宝生寿司」、ヤマト糀パークにある「発酵美人食堂」は要予約です。

⑥ 大野の街並みを散策
醤油蔵や味噌蔵をリノベーションしたカフェがあったり、街並みを歩くだけでも時間がゆっくりと過ぎていくような、風情のある街です。

⑦ 石川県銭屋五兵衛記念館・銭五の館
https://www.zenigo.jp
大野、または大野港バス停よりバスで約9分のところにある、「西警察署前」下車、徒歩5分です。巨万の富で加賀藩の財政を支え、『海の百万石』と称された豪商、銭屋五兵衛の事がわかる記念館です。

⑧ 大野湊神社
http://oonominato.or.jp
石川県銭屋五兵衛記念館から徒歩3分で到着します。夏季大祭(夏祭り)はその規模と雄大さが金沢随一と評価され、神事能(しんじのう)とともに、金沢市無形民俗文化財に指定されています。金沢文化を色濃く残す神社です。

「神事能(しんじのう)」
→神社の祭礼に奉納される能楽
https://is.gd/HIyB5y
能楽(のうがく)は、日本の伝統芸能であり、式三番(翁)を含む能と狂言とを包含する総称である。重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。
https://is.gd/WV3FAC

⑨ 金沢駅へ
神社から徒歩5分の「西警察署前」バス停から約16分。「中橋」バス停下車。
徒歩3分ほどで金沢駅西口に到着します。

いかがでしたか。

見どころが多く、美術館などもたくさんあるので、どこから行こうか迷いますよね。実はあちこち移動しなくても、ひがし茶屋街や兼六園などは半日かけてもいいくらい、見どころがたくさんあるんです。

まずはざっと見て回って、翌日は気に入った場所へじっくりと時間をかけて散策するというのもいいと思います。みなさんも、金沢で楽しい旅の思い出をたくさん作ってくださいね!

+ この記事を書いた人の情報はこちらをクリック

この記事を書いた人:REIKAさん


ご主人と二人のお子さんと暮らす1974年生まれの女性

☆好きな本、マンガ、アニメ、ドラマ、映画、ゲーム、趣味など、…
自己啓発系、医療系小説、マンガは川原泉の作品が好き。映画は洋画・邦画を問わない(ホラー系はNG)。ドラマは青春もの(チアダン!など)や警察もの(相棒など)、趣味は社交ダンス、楽器演奏(フルート、ヴァイオリン、エレクトーン、打楽器等)、散歩、パンを焼くこと。

スポンサードリンク

-金沢市
-, , ,

© 2021 j-traveller